名探偵コナン 業火の向日葵

劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵 (通常盤) [DVD]

 

 

監督 静野孔文

高山みなみ…コナン

山口勝平…工藤新一&怪盗キッド

山崎和佳奈…毛利蘭

 

 

あらすじ

ニューヨークのオークション会場で

画家ゴッホが描いた2番目の「ひまわり」を

3億円で落札した鈴木財閥の相談役、次郎吉。

鈴木園子の伯父さんね。

次郎吉はその「ひまわり」を7つ集めて、

日本でひまわり展を開催したいと言う。

そしたら警備員に化けてた怪盗キッドが現れ、絵を持ってっちゃった。

 

 

ふと思ったんだけど鈴木園子っていう名前。

私はてっきり美容研究家の鈴木その子さんから

とったと思っていたんだけど違うのよね。

作者の青山先生の後輩の名前から、らしい。

どーでも余計な情報から…でした。

 

今作はキッドが全面主役でした。

謎解きは特に多くはない。

というか、推理シーンなかったような…。

途中でコナンがある場所を不思議がるシーンがあって

そこで大体犯人を絞れちゃったような。

 

ただ、なぜにキッドが絵画を狙うのか?

いつもは宝石狙いなのに。

ってとこが鍵でした。

ラストまでこれは引っ張ってわかること。

 

キッドを詳しく知らない人にしたら

困った設定ですが、

知ってる人やキッドファンなら楽しめたかもしんない。

少なくとも数週間前に見た「沈黙の15分」よりは面白かった。

 

灰原が妙に素直なとこがあったり、

キッドやコナンが絵を回避させたいために

頑張ってもダメだったのに

蘭のバカ力?で壁壊せたりとニタリとする箇所が多し。

 

ああ、だけど「ひまわり」を見続けてた老婦人の

最後の感動感情まで描いてくれなかったのは

ちと消化不良だったかな。

中途半端にその他大勢扱いされて、

美術館から退場させられちゃったので。

 

劇場版はアクション重視なんで

それなりには楽しめるんだけど

期待してたものより、やっぱちょっと違うかな

って感じです。

 

 

 

 

 

劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵 (通常盤) [Blu-ray]

追憶 

追憶

 

 

監督 降旗康男

キャスト

岡田准一…四方篤

小栗旬…田所啓太

柄本佑…川端悟

 

 

あらすじ

25年前。

軽食店を営んでいる涼子と共に13歳の少年たちも一緒に暮らしていた。

彼らは親に捨てられたり施設から脱走してたりと

各々事情がある中、涼子は家族同然としてめんどうを見ていた。

そんな時、涼子の昔の男が度々現れ、涼子は苦しんでいた。

少年らは涼子と自分たちの幸せのためにある計画を立てる。

…その後、涼子と3人は決して会うことのないよう約束して別れ、

25年の月日が経って行った。

 

 

こんなに豪華なキャストでいいの?

っていうぐらい若い俳優さんたちが勢ぞろいしてる映画。

若いといっても俳優なりたてホヤホヤのまがい役者でなく、

演技力高い俳優さん達。

三浦貴大や太賀なんて、ちょっとしか出てないのに

そういう使い方しちゃうんだ?っていうぐらいちょっと出演。

 

監督が降旗さん。撮影が木村さん。

大御所のお2人。

なのに若手(といっても中堅か)を起用してる。

ウィキで知ったんだけど、出演者の人達は

ほぼノーメイクで演じたとか。

理由は顔の色が一定してしまうからということで。

すっげーな。

 

練りこんで作り上げたのでしょうが、

どうにも昭和のイメージが残って見えるのはどうしてなんだろう。

特に撮影技法。

車に乗ってるシーンでの背景。(ぼんやり感)

脚本も同じように昭和感があってね。

彼らの少年時代は平成なのに、なぜか昭和50年代くらいに見える。

言い換えれば妙に凝りすぎてないので、

昭和を生きてきた私としてはなんとなくの懐かしさも。

 

ちょっとね、残念だったのが

ほぼノーメイクで演じてくれてるんでしょうが

最後の安藤サクラの涼子さんが老けて見えてないってとこ。

25年経ってれば、たぶん涼子さんは50代であろうに

無理して年上に見せても40半ばにしか見えない。

肌も50代だとシミできるんですよ、普通は(笑)

キレイすぎるんですわ。

この役はサクラちゃんで大正解でしたが、そこだけ惜しかった。

 

降旗監督、もうお亡くなりになって

ぶつくさいうのは忍びないんですが、

80歳代で現代映画を作るのは、ちとチャレンジしすぎたかも。

俳優が若いので見る側も若い人が多いだろうし。

 

ドキドキは少ないサスペンス。

もしかすると原作の方が楽しめるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

追憶

グッバイ、リチャード!

グッバイ、リチャード!(字幕版)

 

 

監督 ウェイン・ロバーツ

キャスト

ジョニー・デップ…リチャード・ブラウン

ローズマリー・デウィット…リチャードの妻

ダニー・ヒューストン…ピーター

 

 

あらすじ

リチャードは肺がん末期だと宣告される。

治療をすればもって1年、しなければ余命半年。

家族に告げようと食卓に着いた時、

思いがけず娘からの告白。「私レズビアンなの」

そして妻からもリチャードの上司と不倫してることを聞かされる。

結局告げられず、いら立ちと心の整理がつかぬまま…。

 

 

最近ヤフーニュースでずっとデップの裁判のことばかり

取り上げられてるし。

プライベートはどうでもいいんだが…。

久々に余計なメイクとかキャラものでないデップを鑑賞。

 

やっぱりいいわ、デップ。

顔の良さももちろんあるんだけど、

演技はうまいし、この年齢になってより哀愁ある男を演じれる。

しかも今作は死に向かって生きていく男。

髪型も教授っぽくていい(笑)

 

死については誰しもが通る道。

来るべきものがわかってるけど、死期が近づいてくるまで

真剣には考えてない。

なんとな~く、抽象的にしか。

が、このリチャードは病気のために死期がわかっちゃったんで

残りの日々を好きなように生きることにする。

 

共感はしないが、彼なりのこういう生き方もあり、なんだろう。

そしてリチャードの家族。

最終的に家族には知らせるが、これもあり?なんだろう?

やややや…妻のあの反応はアリなのか?

冒頭で医師から余命宣告されるとこから始まるので

それまでの夫婦の在り方がどうだったのかわからない。

元々、同志みたいな関係の夫婦なのか。

愛情たっぷりでストレートに表現する時期もあったのか。

ちょっと一緒に長年住んでる人が

死んじゃうのですよ、と聞かされたら尋常ではいられない。

と私は思うのですが。

 

だからリチャードの親友の反応がとても普通に見えた。

心配はするし、だからっていらぬ世話は焼きすぎないし。

リチャードをしっかり親友の立場として見守ってる。

妻もあの薄い反応は私には理解し難かった。

 

でね、尺も短い映画なんだけど

デップも深みある演技力なんだけど

たいしてそこまで感情が揺らぐ映画でもなかった。

 

ラストで娘と別れて

車に乗り込み旅に出ようと運転していきます。

まあ、流れで行けばこの先、体も弱ってくると思うんですが。

なのに犬を同行させてどうするつもりなんだろう。

犬の寿命より、リチャードのほうが早く寿命来てしまうと思うんですが。

娘はなぜそこを突っ込まないんだ?

いずれ犬は放置されてしまうのか?

そっちのほうが心配で終わりました。

 

 

 

 

グッバイ、リチャード! [Blu-ray]

明け方の若者たち

明け方の若者たち

 

 

監督 松本花奈

キャスト

北村匠海…僕

黒島結菜…彼女

井上祐貴…尚人

 

 

あらすじ

大学生の僕。

内定が決まった者たちの飲み会が開かれていた。

そこにいた一人の女性と知り合い、恋におちた。

春になり就職し、研修会に参加。

同期の尚人は優秀でイケメン。いいライバルになりそうだ。

期待に胸を膨らませたが、所属先は総務課。

テンション下がりまくりで、やる気も起きない。

尚人と仕事帰りに飲みかわすうちに親交を深める。

20代若者の、社会に出てからの喜びと苦悩を描いた作品。

 

 

「僕」の最初は2012年から始まる。

私にしてみたらこの10年は何も変わり映えはしないが、

若い人にしたら、いや自分が若い時を振り返ったら

いろーーーーんなことが起きていたんだよね。

 

そうかぁ、一般的な人生だと

学生から社会人になって、爽やかな恋をして、

ちょっと緊張しながらも仕事で悩んだり、

人生を謳歌しているってこういう行動のことを指すのね

と思って見てました。

全然違う道を歩んでるのですみません、知らないでいた。

 

明け方に誰もいない街を語りながら歩く青春。

渋谷ジャックしちゃいたいねーと

でっかい夢を見ちゃう若い発想。

目一杯の希望を抱いて、

一直線に恋をする僕。

とても白く感じました。

まだ何色にも染まってない心ってやつね。

 

僕と彼女のデートシーンは

爽やかすぎて目も当てられないほど美しく感じて、

これが世間一般のデートなんだと。

 

ああ、私が知らない世界でスミマセン。

何も語ることができない。

自分が同じ道をたどってきてないので

共感するとか以前の話でよくわかりません。

重ね合わせられませんでした。

 

それよりも!

相手彼女が実は人妻で、僕はフラれ?落ち込みました。

ここまでまぶしいデートをして、結果コレ。

まあ、こういうのもたまにあるパターンでしょう。

黒島さんがこんな役ってのも合わなかったですけど。

 

またまたそれよりも!

関係性がどうであれ、あのラブシーンは必要ですか?

ちと大胆かつ生々しすぎたような。

もっとサラっと、あそこまで濃密にならない描き方が

あったんじゃないかと思うんですが。

ドロドロしてないこういうジャンルの映画だからなおさら…。

 

きわどくないイメージの役者2人だから

余計にハードな画に感じました。

 

音楽は、ザ・若い人が聴く系でしたね。

「エイリアンズ」をちゃんと聴いてみたくなった。

 

20代の頃こんなことあったねー、懐かしいねー

っていう共感ができずの映画選定をしてしまってスマソ。

まあ、

ひとつ言えることは恋するってことはいいことだよ、うん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明け方の若者たち

 

Mr.ノーバディ

Mr.ノーバディ (字幕版)

 

 

監督 イリヤ・ナイシュラー

キャスト

ボブ・オデンカーク…ハッチ

コニー・ニールセン…ベッカ

クリストファー・ロイド…デビッド

 

 

あらすじ

毎日同じルーティンをこなしている平凡な中年ハッチ。

ある日の夜、家に強盗が押し入った。

反撃できるチャンスがあったも躊躇した挙句、強盗を逃がした。

家族からはダメ親父的な蔑む態度を取られてしまう。

翌日、娘の猫ブレスレットがないと言われ、

昨夜の強盗が小銭と一緒に持ってってしまったと思い、

強盗を見つけ出しに行く。

2人組強盗に一撃を食らわせた帰りのバスの中。

粗暴な若者集団がバスで暴れまくったその時、

ハッチは思わずヒートアップしてしまう。

 

 

渋いんだな、これがまた。

冒頭のハッチのドアップ!!

顔面ケガだらけなのに、おもむろにタバコを吸う。

次に取り出したのは…缶??

そして胸元から猫が出てくる。

渋くて笑える。なんだ、このオヤジは!

いや、見ていけば徐々にわかる。

とにかくすごいんだよ、このオヤジ。

 

好きだなー、こういうの。

なんかこう、たまらんゾクゾク感がある。

段階的に強くなっていくハッチを見て、潤いが増していく。

普通のオジサンが実はまさかね、ってやつ。

最初は動作も鈍ってたのに、徐々に感を取り戻していく動き。

 

バイオレンスなんだけどかなりのスタイリッシュ。

楽曲も古いんだけど、お洒落感抜群のセンスいい曲ばかり!

サントラ買ってもいいぐらい。

シーンと曲の使い方がことごとく合っているんですわ。

 

「ノーバディ」

つまり存在しない人(笑)

正体がわかっていくにつれ、私のニヤニヤ感も増していきました。

最初っからニヤニヤしながら見てたけど♪

 

クリストファーロイド氏。

うーん昔っから老け役でしたけど(ドクのイメージから)

まさか本当に老けてしまっているとは。

そりゃあそうでしょう。

彼だってすでに80代ですもの。

それでも、動きは多少鈍くても、

ショットガン振り回して頑張ってくれてました。

いつまでも体が続く限り活躍していただきたい。

 

ロシアンマフィアのボスことユリアン役の人は

実に悪党面してて、いい味をだしてくれてました。

この役者のおかげでなおさら主人公が引き立った。

 

こんなに爽快なバイオレンスも久々です。

無敵のヒーローではなくて、

ダイハード並みにボロボロになっていくのも人間臭さを感じます。

タニタしたい人にはうってつけの映画でした。

 

 

 

 

 

Mr.ノーバディ (字幕版)

ビーナスライン走ってきました  長野旅行

5月の18、19日で長野に旅行しに行ってきました。

定例の、私か彼様の誕生日前後に旅行するというこの企画。

今回はおそばを食べたい&ビーナスラインを走ってみたい

という要望で長野に決定。

長野って初めて訪れる場所。

縦に長いんだよね。

ホントは戸隠蕎麦を食べたかったのですが、

ビーナスラインから戸隠までは遠いので妥協して

諏訪、茅野、蓼科方面へ。

ついでに美ヶ原高原美術館にも寄ってみようというコース。

 

天気は18日は曇り。

ほとんど18日に予定を詰め込んでしまったので

おひさまと青空が姿を見せてくれなかった。

 

 

これはもう定番ですわ。

CMでよく見たモノでした。

 

 

 

もう後は3連並びに。

興味が湧くのがやっぱり人間の形してるモノかな。

作品名と作者が板に刻まれていたりするのですが

どう見ても??と思う作品名もあり。

たぶんそういうのは私の感性が鈍いからかもしれない。

 

 

 

 

銅板の上になにやらゴチャゴチャしたものがあるなー

と近づいていったら、細かい人の形したものがたくさん!

 

 

 

 

右端の写真のタイトルが「時の残像Ⅲ」。

崩れかけていってる男女の身体が哀しげに見えた。

 

 

この3つは不気味系でした。

赤いのは「メタモルフォーゼ」。顔が怖かった。

真ん中は「脱衣(蕾から花へ)」。寄生獣っぽい。

右は「生態学的存在」。写真じゃ見えぬが、足に虫がいる。

 

 

左は美ヶ原高原ルートのビーナスライン

うーん、やっぱ曇ってるせいもあってイマイチ。

右は泊まった宿アンビエント蓼科から見える女神湖。

 

 

 

翌日はお天気晴れて青空が。

女神湖もキレイに映えてます。

車窓からのビーナスラインもきれいだった。

車で走ってる時に絶景スポットがあるのに

どこにも駐車スペースがない。

いざ、停めれる駐車場に着くとあまり良い景色ではない。

 

途中、頭痛が続いててドラッグストアないかな。

地図上、山しかないのでそんなものありませんでした。

コンビニも白樺湖まで行かないとないし。

長野とはそういうとこなのですね。

 

八ヶ岳やアルプス連峰もパノラマで撮ってきました。

が、どこかに見えるであろう富士山が、どこにも見えなかった。

天気がイイ翌日も見えなかった。

富士が見えないとテンション下がるわー。

 

あ、お蕎麦の話題がひとつもなかったわ。

諏訪にあるお店、更科の三種蕎麦が食べ比べ出来て美味しかったです。

写真は普通に撮り損ね…。

 

バイバイ長野。

 

鳩の撃退法

鳩の撃退法

 

 

監督 タカハタ秀太

キャスト

藤原竜也…津田

土屋太鳳…鳥飼

風間俊介…秀吉

 

 

あらすじ

有名作家だった元小説家の津田。

今はデリヘルの送迎ドライバーとして働いてる。

古本屋の房州書店で「ピーターパンとウェンディ」を買い、

深夜の喫茶店で本を読んでいた。

すると視界にある一人の男が目に留まった。

近づいて話しかける津田。

元小説家だけあって、観察眼は鋭い。

男がなぜ深夜、こうしてここにいるのか?

職業は?妻子は?言い当てていく。

男は津田の古本「ピーターパン~」を次に会ったときに

借りる約束をした。

だが、彼は喫茶店に二度と姿を現すことはなかった…。

 

 

まず、タイトルが面白いし興味が湧くわ。

あとは出てる俳優さんたちが鼻膨らむほど好きな人たちが多い。

おおっ!この人も出てるのか!って。

 

話としては前半は超ミステリー。

展開がどうなるかと、ものすごく期待値上がる。

 

一応、これは途中からわかるんだけども

本当に実在する人物や建物などを題材として

津田が書いているストーリー、らしい。

脚色なしに。

途中から、どっちが事実か小説かわからなくなってくる。

でもそんなの関係ねぇ。

ってぐらい話に引き込まれるのよ。

出てくる人たちが、いろんなとこで複雑に絡み合ってる。

 

なので、後半はミステリーを通り越して

どれが虚構なの?

話を膨らませすぎじゃね?いや待てよ…

と一人で勝手に紐解いたり、私だったらこうするとか

ボーッと見てられなくなる。

 

途中、ボーッとして見逃したかもしれないシーンあり。

書店のオヤジから受け取った大金。

あれ、偽札と疑い燃やしたよね?

ストーリーが進んでいくと、まだ大金偽札がそのまんまある?

どこかで見落としたのか?

津田の想像だったのか?

 

まあ、巻き戻して見直すまでもないから、いっか!

とそのままにしちゃいました。

そう、展開としては面白いんですが

いまいちガツンと来る衝撃が少ないのよねー。

原作はどうなんでしょうね。

伏線や筋道をキッチリ回収したい人は

まあいっか、と言わず見返すかもしれない。

 

偽札もそうだけど

床屋まえだのパチンコ好きの義理の姉と

2つ下の加奈子先輩って…同一人物?

えっと、両方坂井真紀だよね?

こっちも気になったが、やっぱり頭でスルー処理してしまいました。

 

2回目を見ることがあったら

スッキリ出来るかもしれない。

ボーッと見てはいけない映画でした。

 

 

 

 

 

 

鳩の撃退法