十二単衣を着た悪魔

十二単衣を着た悪魔

 

 

監督 黒木瞳

キャスト

伊藤健太郎…雷

三吉彩花…弘徽殿の女御

伊藤沙莉…倫子

 

 

あらすじ

フリーターの雷は就活もゲキ落ちで、

彼女からも別れを切り出され

出来のいい弟と自分を比較し、卑屈になっている。

源氏物語」に関する設営のバイトをするが、

帰り道の家付近で光に吸い込まれ気を失う。

気がつくと平安時代源氏物語の世界にきちゃってた。

 

 

ひとつ前に見た韓国映画「エンドレス」はタイムリープ

こっちはタイムトリップしたお話です。

しかも、江戸時代より前の平安時代。飛ぶ飛ぶ!

 

監督名知ってビックリ。黒木さんだったん?

こういうのをやりたかったのかしら?

それはさておき、

なにかとタイムトリップ物を比較して申し訳ないですが、

いろんなところが軽いです。浅いです。

ですが、とても見やすかったです。

きっとラストはこうなんだろうなあ、と思ったら

あまりにも予想通りすぎて、、、どうなんだか。

 

源氏物語

はて?歴史で習ったはずですが忘れてしまってます。

光源氏しか名前がわからん。

三好さんが演じる女御は肝が据わってる強い女性。

決してブレない。

この時代にこういう女性が実在していたのならば

それ以降の男尊女卑も少しは軽減していたかもしれない。

史実はどこまで腹黒い人だったか謎です。

 

三好さんが悪いわけではないんですが

(むしろ良い評価をつけたい)

雷以外はみんな年月経って、老けていってる。

白髪もチラホラ。

三好さんも一応白髪混じりのヅラつけてるっていうのに

肌はハリがあり、ツヤツヤ。肌だけ20代。

ちと違和感あったので、どうにかメイクを変えてほしかった。

せめて目じりのシワくらい入れてほしかった。

 

あくまでも個人の意見です。

伊藤沙莉ちゃんが源氏の世界では似合ってませんでした。

雷との初夜?で顔見せした時、気づくのに時間かかったわ。

顔も体もまんまるに見えてしまって。なんかブサイクで…。

今の時代の沙莉ちゃんはとってもかわいいのに。

 

あとタイトル。

悪魔って…女御さんのことを指してるの?

原作が内館牧子さんなんですが、映画と原作って一緒?

とても損してるように思います。

まさか「プラダを着た~」にかけてるのかね。

あまりにもナンセンスなタイトル。

 

気楽に見る分にはピッタリな映画です。

軽いし、浅いんで。

 

 

しかし…義母の藤壺にまで手を付ける光源氏って

相当気持ち悪い男だね。

 

 

 

 

十二単衣を着た悪魔

エンドレス 繰り返される悪夢

エンドレス 繰り返される悪夢(字幕版)

 

 

監督 チョ・ソンホ

キャスト

キム・ミョンミン…ジュニョン

ピョン・ヨハン…ミンチョル

ユ・ジェミョン…カンシク

 

 

あらすじ

外科医ジュニョンは飛行機の中。

海外からの帰国で自国に戻り、会見後に

娘に会う予定だ。

娘との約束場所に向かう途中、

交通事故に遭って亡くなっている娘を発見する。

ふと気づいたらまた飛行機の中。

同じ光景を何度も目にする。

どうにか回避できる方法はないのか。

するとある男が感情的に掴みかかってくる。

 

 

まあよくあるタイムループもの。

それを韓国のチョソンホ監督は

どう味付けていくのか見ものな映画。

 

面白かったのが

韓国って悲哀や残酷なラストが多い中、

練りに練った展開で

見ている側を飽きさせず、

最後はこう来たか、となる結末。

あ、ほぼ答えを言ってしまってるわ。

 

なぜにタイムループするかは考えなくてもよい。

それ考えると理屈っぽくなるから。

無理矢理考えれば、

タクシーおっちゃんの恨みの念が強くって

時空を超え、ループしたって感じ。

でも、おっちゃん側にたってみたら

相手を恨むし、やるせなさが残るよね。

気持ちはわかる。

 

何度も何度もいろんな方法を試して

娘が事故に遭わないように試してはみるものの

結局ハッと目が覚めたら飛行機の中に振り出し。

短い時間の中でじっくり考える余裕すらなくって

ジリジリする気持ちが伝わってくる。

 

尺が90分と短いので

パパッと見れてパパッと刺激くれて

颯爽と終わったこの映画。

私にはうってつけでした。

 

 

 

 

エンドレス 繰り返される悪夢(字幕版)

グリーンランド 地球最後の2日間

グリーンランド―地球最後の2日間―(字幕版)

 

 

監督 リック・ローマン・ウォー

キャスト

ジェラルド・バトラー…ジョン

モリ―ナ・バッカリン…アリソン

ロジャー・デール・フロイド…ネイサン

 

 

あらすじ

終末映画。

彗星が地球に衝突するのがわかった。

猶予はあと2日。

国から選ばれた一般市民が大統領アラートで連絡が来る。

選ばれた彼らはグリーンランドにある

シェルターで避難ができるらしい。

ジョン一家は選ばれた。

 

 

だからグリーンランドっていうタイトルは

避難場所ってことですね。

そこに家族でたどり着くまでに

まあ、いろんな山あり谷あり的なことが起こるんですよ。

家族3人がバラバラ引き離されちゃったりと。

 

なぜ選ばれたの?

との疑問は金持ちだとか、必要な職業だからとか

セリフにもありましたが本当のところはわからず。

 

2日後に地球がヤバいことになるって。

人々はパニくりまくりでしたが、

もっと狂ってもよかったと思う。

地球だか陸地だかの7割が壊滅するんだよ?

恐竜が絶滅したときより衝撃が大きいらしいんだよ?

なぜかみんな狂ってない。

嘆き悲しみ諦めの境地なんだろか。

尋常じゃない事態なのに、ただの騒動にしか見えない。

 

どうにか衝突を回避してという話じゃなく、

もう衝突が決まっちゃって、あとは避難しか助かる道はないんだね

という一般ピーポーの視点。

で、ジョンさんとこの一家に焦点をあてるので

ディザスターといってもこぢんまりした印象になってます。

ハラハラ感がそんなになかった。

 

人類大半があと数時間で死んじゃうかもしれないのに

ジョンさん、人を助けたりでいい人。

息子を誘拐して避難できる空港で身バレしちゃった夫婦は

その後静かにフェードアウト。

カナダへ向かう飛行機が衝撃波くらってるのに

強めの乱気流程度の揺れ。

うーん、なんかちょい緊迫感がない。

 

終わり方に締まりがありませんでした。

嘘でしょ?っていう終わり方。

かなり地球のあちこちで生存者がいるみたいです。

恐竜時代が過ぎ、次の生物が生まれるまでに

かなりの年月が経ってるというのに

わずか9か月でシェルターが解禁。

ふふ…ありえません。

一体、どうしちまったんでしょう。

 

妻の父役、スコット・グレンが

うちの父親に似てました。

 

 

 

 

 

 

グリーンランド―地球最後の2日間―(字幕版)

予告犯

予告犯

 

 

監督 中村義洋

キャスト

生田斗真…奥田

戸田恵梨香…吉野

鈴木亮平…葛西

 

 

タカをくくってました。

この手の作品は日本のダメな娯楽として見てればいいや、

という思いで見ましたが

おおいに共感するところがあり、

最後の方なんて鼻がツンとくるほど涙出そうになった。

 

テロ美談話ですか?

いいえ違います。

派遣問題や、最近続々とニュースになっている

匿名のネット掲示板というのをネタにして

最終的には誰かのために行動するっていう事につながってます。

 

ただ、誰かのために。

前半のネットで予告をし、

ターゲットを制裁する。

やってることは無茶苦茶ですが

言いたいことは共感できました。

ニコ動みたく文字が画面に流れていく言葉の数々も、

わかるかもしんない…って思いながら見てました。

 

より過激になっていく中盤。

この場合は仲間のフィリピン人が亡くなったことで

行動がこんな形になっちゃいました。

小屋でオッサンに手をかけたときには私も賛同。

衝動的にきっと私もそうするだろうな、と。

あのオッサンは人間じゃないわ!

 

そうそう、フィリピン人役の役者さん。

バンの車内での初シーン。

あれ?窪田君?短髪小栗?誰?

と見間違えましたが、日本の俳優さんだったんですね。

演技がたどたどしかったけど(苦しむシーンはへたっぴ)

これがデビュー作らしいので、まあいいや。

 

社内のいじめだったり、

就職にブランクがあってバカにしたりの前半部とかで

リアリティがないよ、と

批判や非難めいたことを書いてる感想の人は

きっと幸せな道を歩んできたんだろうと思います。

 

あんまりこの言葉使いたくはないですが

いわゆる人生の負け組ってやつ?

もちろん、それを打破するのは自分しかいないし、

戸田恵梨香が言ってたような「なにくそ根性」は大事。

ですが、他人がどうこう言ってはダメっしょ。

自分が知らない残酷なリアリティは存在してるのだから。

それを知らないで来た人は幸せなのですよ。

嫌味でも何でもなくね。

 

出演してる人が何気に豪華でした。

キッチリと役にハマってたように思えます。

あとから知ったわ監督の名前。

ああ、この監督だから良かったんだ。

けっこう好きな作品が多くあります。

テンポ、展開がうまいです。

けれど、これもあとから知った。

マンガが原作であるのね。

 

想像以上に良い出来でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予告犯

セブン・サイコパス

セブン・サイコパス(字幕版)

 

 

監督 マーティン・マクドナー

キャスト

コリン・ファレル…マーティ

サム・ロックウェル…ビリー

クリストファー・オーケン…ハンス

 

 

タイトルに惹かれて。

冒頭にイタリア系マフィアが何者かに

銃で秒殺されるのも良し。

ウォーケンが出たところで

これはきっと面白くなるだろうとワクワク予感。

 

ところがだ。

徐々に失速。

うーん、コメディなのか。

なかなか話がガチャガチャしていてわかりづらい。

どこかで一気に盛り上がるのかと期待もしてみたけど

砂漠にテント張って3人語り…盛り上がらず。

 

もっと単純明快が好きなのよね。

オーソドックスでいいのに。

 

サイコパス

おおまかにいうと

いろんなサイコパスと呼ばれるような人たちが

出てくる話なんですが

どこからこの病的な言い方「サイコパス」っぽい人たちを

サイコパスと呼ぶのかイマイチわかりません。

 

ウォーケンが電話で「今ではオカマをホモと呼ぶ」

って言ってましたが、それと似た感じで

クレイジーな奴をサイコパスと呼ぶんでしょうかね。

ちょいちょい出てきては

チャチャッと銃で人を殺して去っていく

あの赤マスク男はビリーだったってことでしょうか。

そこですらわかってなかった自分でした。

 

てんで魅力がなかった映画かもしれない。

その魅力に気づけなかった私がアホなのかもしれません。

 

一応エンドロール途中で

まだ話にその後の展開があるのですが

それすらもなんだかわからんよ。

ちょっと時間の無駄でした。

 

 

 

セブン・サイコパス(字幕版)

コンプリシティ/優しい共犯

コンプリシティ/優しい共犯

 

 

監督 近浦啓

キャスト

ルゥ・ユウライ…チェン・リャン/リュウ

藤竜也…弘

松本紀保…香織

 

 

あらすじ

不法滞在者となったチェンは他人になりすまし

山形の蕎麦屋で住み込みで働くことになる。

リュウという名で。

中国にいる母や祖母には本当のことが言えない。

優しくリュウに接してくれる蕎麦屋娘の香織。

寡黙だが蕎麦打ちを教えてくれる店主の弘。

仲間は捕まったり、もっと割のいい仕事や

はたまた中国に戻ろうと言ったりもするが

リュウ蕎麦屋に居続ける。

ある日、出前で行った先のアトリエで女性に出会う。

 

 

中合作映画ですね。

中国人青年のチェン(リュウ)。

性格としてはおとなしい子なんでしょう。

それに母と祖母に対して、家族思い。

ちゃきちゃき祖母の発言にもグッと耐えたりしてる。

この子、いい子なんだろうなあというのがわかります。

 

なぜか中国はじめ、日本でないアジア系の男子は

車の整備工になるのが夢だ、という人が多いです。

私が今仕事で行ってる、外国人寮の男子もそう言ってた。

 

悪い日本人のあっせんで人の名を使い、

その流れで蕎麦屋に勤め始めることになったチェン(リュウ)。

周りはみんな良い人ばかりだけど

真実を決して語れないし、常に不安がつきまとう。

そんな葛藤する気持ちがリュウくんの哀しい顔に現れてます。

 

リュウくんが女性と歌ってたり、

弘と晩酌しながら語ってたりの笑顔シーンは

見てると和みます。

ああ、この子に早く安穏の生活をさせてあげたいと思う。

 

藤竜也は天下一品!

なんだ、あの背中姿は。

すっかり蕎麦職人にしか見えませんでした。

店が休みの日の、私服でしゃれた格好もキマッテマス!!

いくつになろうと藤竜也はカッケエ!

藤竜也をウィキで調べると

映画と同じ、北京生まれでした。そうなんだ!?

 

本来、技能実習生として日本に来たのに

冒頭は湯沸かし器窃盗からシーンが始まるので

彼がどうしてこうなったかの経緯がわかりませんでした。

で、ラストもその後の未来はどうなったのかもわからずで…。

 

この映画に限らずの話ですが

希望を持ってやってきた日本。

大金いっぱい稼げると夢見てた日本。

現実は実際そうでもない日本。

叶った人って果たしてどれぐらいいるんだろう。

映画の中のリュウくんは…明るい明日がなさそうに感じた。

 

私が勤めてる外国人寮の話は

また別の機会で。

もう少ししたら辞めるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプリシティ/優しい共犯

悪魔はいつもそこに

 

 

監督 アントニオ・カンポス

キャスト

トム・ホランド…アーヴィン・ラッセ

エリザ・スカンレン…レノーラ

ビル・スカルスガルド…ウィラード

 

 

信じるものは救われないじゃん。

 

現世で関わる人間は

過去世においても何らかの関りを持っている。

というある宗教の教えがあります。

それで説くならば、

アーヴィンは過去世で大罪を犯してたかもしれない。

関わってくる人たちが次々に不幸に死に、

アーヴィンを悲しみと憎しみの負の連鎖でおそってきて

平穏が訪れないから。

 

タイトルとトムホランド主演ということで

彼様がチョイスして見始めましたが

早々に彼様はリタイア。

好みのジャンルではなかったようです。

私はこれ系統OKなので続行。

 

関係ないですが

トムホランドを見ているうちに

バック・トゥ・ザ・フューチャー」!!

第2のマイケル・J・フォックスでいけんじゃない?

なんて突拍子もないこと考えながらの鑑賞でした。

 

信仰と暴力がテーマでした。

スカッとした終わり方ではなかったけれども

アーヴィンは相当重いものを背負って

これから生きてくんだね。

でも命あってのもんだから良かったね、でした。

でもでも裁くのがアーヴィンって重荷過ぎだわ。

 

出演者が華やかでした。

この重いテーマにそぐわないほどの賑わいでした。

みんな主役をはれる人たちばっか。

印象深いのはアーヴィン父ちゃん役のウィラード。

目がデカいんで、じっと見据えてると

「IT」のペニーワイズが脳裏に浮かんで仕方ない(笑)

 

親からの教えを素直に吸収して

仕返しすることを何も躊躇なくできるアーヴィン。

なんの疑問も持たず、悪牧師の教えを

そのまんま真っ白な心で受け入れ泣きを見るレノーラ。

若さゆえなのか、

矛盾に早々に気づけず、

おとしまえの付け方の方向が違っていたのは

可哀想に思えました。

特にレノーラが。

 

カメラのサイコ男カップルは正当防衛だよ。

牧師だよ、牧師。

アイツは地獄行き。

寸前まで屁理屈を並べてた。

っつか、老牧師が

「学校出たての甥の牧師がワシのいない間に来る」

って言った時点で先が読めちゃいましたが。

 

もうちょっと削って短くしてもよかったのでは?

アーヴィンをとりまく人々のつながりは

おかげでわかりやすかったのですが

前半部分、一体どんなストーリーになっていくのか

掴みづらかったです。